肝斑治療を始めましょう

女性なら1度ぐらいは肝斑とく言葉を聞いた事があるのではないでしょうか。

肝斑はシミの種類の1つなのですが、30歳~40歳代に発生する事が多く、60歳以降では殆ど発生する事がありません。

頬骨の上や目尻の下部分に左右対称に現れる事が多いシミとなっています。肝斑が発症してしまう原因は、女性ホルモンが関係していると考えられており、妊娠やピルを服用する事で肝斑が悪化してしまうと考えられています。

その他にも紫外線やストレス等も大きく影響していると考えられています。

よりシンプルさを追求した教えてgooの欲しい情報が手に入りました。

肝斑治療には、皮膚科にて治療を受ける事で改善させる事が出来ます。肝斑には、女性ホルモンが大きく影響している為に、細かな問診が必要となります。

その他にも実際にシミの状態を確認することで、他のシミの種類かも確認が行われます。

万が一、肝斑ではなく違うシミの種類であった場合に、違う治療法を行ってしまうと症状を悪化させてしまう原因にもなってしまう為に、慎重に診断が行われます。



肝斑と診断された場合には、トラネキサム酸を使用する事で肝斑治療を行う事が出来ます。


トラネキサム酸は医療では良く使われているアミノ酸の一種とされています。

美容皮膚科の肝斑治療の情報サイトです。

肝斑発症に大きな影響を与えているのが、プラスミンと呼ばれるたんぱく質分解酵素です。
プラスミンを抑制する働きがトラネキサム酸にあると認められてから肝斑治療に用いられる様になりました。

トラネキサム酸を使用する事でメラノサイトの働きを抑え肝斑の発症も抑える事が可能です。